【全国対応】トヨタ車の鍵紛失・鍵作製

自動車・バイクのカギでお困りの方、相談無料です
自動車・バイクの鍵トラブル全てお任せ下さい!
今すぐ駆けつけます!鍵の修理・交換お任せ下さい

鍵のトラブルは全て鍵屋クラシトキーが解決します

鍵のお悩みズバッと解決
鍵のお悩みズバッと解決
鍵のお悩みズバッと解決
鍵のお悩みズバッと解決

車の鍵トラブル、絶対の自信あり!

車種検索:
トヨタ車から絞り込みできます
レクサス車から絞り込みできます
ニッサン車から絞り込みできます
ホンダ車から絞り込みできます
マツダ車から絞り込みできます
スバル車から絞り込みできます
スズキ車から絞り込みできます
ミツビシ車から絞り込みできます
ダイハツ車から絞り込みできます
その他の国産車・バイク等
輸入外国車から絞り込みできます
メーカー車種別、カギ情報満載
スズキの検索が出来ます
スバルの検索が出来ます
ダイハツの検索が出来ます
トヨタの検索が出来ます
ニッサンの検索が出来ます
ホンダの検索が出来ます
マツダの検索が出来ます
ミツビシの検索が出来ます
レクサスの検索が出来ます

トヨタ車の鍵の事ならお任せ!

トヨタ車の鍵のシステムは、昔ながらの鍵を差し込んで回すシリンダー方式ツマミを回せばエンジンのかかるツイストノブ方式スタートボタンを押せばエンジンのかかるプッシュスタート方式と大きく分けて3種類に分かれます。近年ではどのメーカーでも導入されておりますスマートキーが主流となっております。
トヨタ車エンジン始動方法:シリンダー方式
トヨタ車エンジン始動方法:ツイストノブ方式
トヨタ車エンジン始動方法:プッシュスタート方式

イモビライザー搭載車もお任せください

最近は、輸入車や高級車だけでなく、自家用車や軽自動車・作業車両・バイクにいたるまでほとんどの車種で「盗難防止装置:イモビライザー」が搭載されおります。イモビライザーが搭載されている場合、鍵と車内コンピューターとでデータのやりとりを行うことによって、登録されていない鍵を利用してのエンジン始動が出来ないシステムとなっております。そのため、カギを紛失した場合や新たに追加作成を行いたい場合には、カギと車内コンピューターに情報を登録する必要があります。ディーラーでないと対処できないと思われがちですが、クラシトキーであればイモビライザーキーの登録作業や追加作業の一連の過程を、現地で行う事が出来ます。※年式・型式・グレード等によっては対応出来ないケースもございます。

鍵のお悩みズバッと解決
トヨタ車のイモビライザー搭載について

お車にイモビライザーが搭載されているかどうかの見極め方法はメーカーによって異なります。エンジン始動方法だけで判断できるメーカーもあれば、年式や型式で判断するもの、それらを聞いても判断できず実際に現地で確認したり、車の中についているセキュリティランプやステッカーでの判断が必要なものなど、メーカー・車種で様々です。トヨタ車の場合は、エンジン始動方法がプッシュスタート方式やツイストノブ方式だとイモビライザー搭載は確定しますが、シリンダー方式だからといって非搭載とは限りません。そのため、シリンダー方式のお車の場合、イモビライザー搭載の判断が難しくなりますが、もし手元に純正キーがある状態ですと、判断がすぐにできるように記号が刻印されています。純正キーがない場合は、個別の車種ごとに判断していく必要があります。

セキュリティランプ見本

セキュリティランプの見本
セキュリティランプの見本
セキュリティランプの見本

純正キーが手元にあればイモビライザー搭載の判断ができます

トヨタ車の純正キーには、カギの金属部分(ブレード)の根元に刻まれた刻印を見る事で、イモビライザー搭載の有無を見極め出来ます。「・」「G」「H」のような目印がついている場合は、イモビライザーが搭載されております。「・」は汚れなのか刻印なのかが少し分かりにくいですが、「ドット」刻印と呼ばれております。

トヨタ車刻印見本:ドット
トヨタ車刻印見本:G刻印
トヨタ車刻印見本:H刻印

セキュリティアラーム・・?

イモビライザーと似ている名称でよくある間違いに「盗難警報装置:セキュリティアラーム」というのがあります。キーレスキー(リモコンキー)で施錠をすると、自動的に警報装置が警戒モードとしてセットされます。この警戒モード中に鍵穴に鍵を差し込んで開錠してしまうと、数秒後にハザードが点滅をはじめ、クラクションが鳴り始めます。アラームの解除方法は車種ごとに異なりますが、こちらはエンジン始動を制御しているわけではありません。

セキュリティアラームの説明:ステッカー見本
セキュリティアラームの説明:施錠時
セキュリティアラームの説明:開錠時

普通のカギってどんなカギ?

カギを紛失したり、スペアキーを作りたい場合、お電話で事前にお問い合わせをいただきますが、よく言われるのが「今までは普通のカギを利用していた!」と言われます。下記は例としてトヨタ車のプッシュスタートでよく利用されている「普通のカギ」の一部となりますが、メーカーがトヨタのカギと分かっても、車種や年式や型式・グレードによって様々です。お電話で見積等提示する場合は、スタッフより状況をお伺いさせていただきますので、問診にご協力をお願いします。

18系クラウンのスマートキー見本
18系クラウンのスマートキー見本
クラウンマジェスタのスマートキー見本
21系クラウンのスマートキー見本
70系ヴォクシー等のスマートキー見本
80系ノア等のスマートキー見本
20系アルファード等のスマートキー見本
30系ヴェルファイアのスマートキー見本
20系プリウス等のスマートキー見本
30系プリウス等のスマートキー見本
50系プリウスのスマートキー見本

トヨタ車の鍵の紛失やスペアキー作成について

カギの専門店となりますので、ディーラーでの作業とは異なり、原則即日現地にて作業を行います。鍵のトラブル対応に関するあらゆる機材を積み込んだ作業車があるため、トラブル現場まで急行し、現地で鍵の作製やコンピューター編集に至るまで全てその場で行います。キーレスキーやスマートキーの登録も現地で行えますし、スマートキーに内蔵されているエマージェンシーキー(電池切れの際の非常用のメカニカルキー)の作成まですべてその場で対応します。もちろん、キーナンバーがない状態でも作成できますのでご安心ください。※年式・型式・グレード等によっては対応出来ないケースもございます。
作業車にキーカットマシン搭載
キーナンバー無くても作製出来ます
その場でメカニカルキー作製します
鍵のトラブルには、落とした直後の「いま困った!」という不安と、紛失キーを拾われてしまうと車を盗難されてしまうのではないか?という「今後の不安」がついてきます。作業車にはコンピューター編集の専用機器を搭載しておりますので、紛失キーのデータ消去や追加処理をその場で行うことが出来ます。また、鍵穴からのドアの開錠に対し鍵の組換え作業を行い、拾った鍵では回らないようにすることも出来ます。リモコンタイプの場合でも、リモコン再設定することが出来るため、紛失キーのリモコン操作を無効にすることも出来ます。紛失よりも盗難の可能性が疑わしい場合は、事前に作業員にお申し出下さい。
車両からのCPの取り出し作業
車両からのCPの取り出し作業
シリンダーも分解修理出来ます
キーレスキーの修理作業
見本:キー登録・消去の作業
見本:キー登録・消去の作業
見本:紛失キーのデーター削除
もちろんリモコン機能も問題なし

トヨタ車の鍵の特徴

トヨタ車の鍵の形状は、通常のカギよりもセキュリティレベルの高い立体的に掘り込んで削ってあるWAVEキーを利用してあります。通常のギザギザタイプのカギとはカットが異なりますが、作業車には専用のキーマシンも搭載しておりますので、その場でキーカットを行うことが出来ます。内溝タイプのこのカット方式は、レクサス車やスバル車の一部の車種にも利用されています。

一般的なギザギザキー見本
トヨタ車はWAVEキー(内溝キー)見本
トヨタ車はWAVEキー(内溝キー)見本
元々は、セルシオ、クラウン、プログレ、アリスト、アルテッツァ、ハリアー、ランドクルーザー、ウィンダム等の高級車にこのタイプの内溝キーが採用されていましたが、近年ではヴィッツ、ヴォクシー、エスティマ、カムリ、カローラ、プリウス、ベルタ等の車種にも採用されています。紛失されて、一本も鍵が無い状態でも現場までお伺いし、その場で直ぐに鍵を作製する事が出来ます。

車に鍵穴が無いのですが対応出来ますか・・・?

普段からキーレスキーやスマートキーのリモコン機能を利用していると、ドアを開けるときに鍵を差し込んで回す機会が減っていると思います。鍵を閉じ込めた・鍵を無くしたといった緊急時のトラブル時には特に慌ててしまうもので、ドアのレバーを見ても鍵穴が無いと言われるお客さまがいらっしゃいます。場所は違えど、どの車にも鍵穴はついておりますが、最近の車は鍵穴が見えないように隠されていることがあります。しかし、鍵穴はきちんとありますので鍵穴からの開錠作業を行えます。

普段はボタンの利用だけですが
見えないように隠れていることがあります
やっぱり鍵穴は有りました
手前に引っ張ると
見慣れた鍵穴が出てきます
やっぱり鍵穴は有りました

連動スライドドアやトランクのボタンも大丈夫?

車種によっては、スマートキーやキーレス(リモコン)キーにドアの施錠・開錠以外に、スライドドアやトランク・ハッチ等さまざまな連動ボタンがついています。もちろんこれらの連動機能も使えますのでご安心下さい。

トランクボタンも連動します
スライドボタンも連動します
もちろんキーレスキーも連動します

マスターキー・サブキーって一体何なんでしょうか?

一時期のトヨタやレクサスの考え方になりますが、通常の鍵(メインキー)以外に、エンジンは問題なく掛けることができますが、それ以外の機能に対し、使えないように制限をかけたサブキーというものが別途用意されておりました。たとえば、ホテルや旅館などの駐車時に、第三者へ鍵を預けないといけなくなった場合、トランクやグローボックス等必要ないものを勝手に開けたり、その鍵を利用してスペアキーを不正に作られるのを制限するのが目的となっております。
サブキーからではマスターキーが作れない
トヨタ車のサブキーは不便なキーです

ディーラーに、マスターキーを無くしてしまったり、スペアキーからもう一本スペアキーを作りたい等とご依頼されますと、KEYデータに関係するコンピューターの一式交換が必要とご案内を受けることになります。ここが、どうしても高額になってしまいますが、クラシトキーでは、「今あるコンピューターを初期化し、再登録することが出来ます!」そのため、今までオーナーさまを苦しめていた高額コンピューターの交換をする必要が一切ないので、当たり前となりますが、その分ディーラーや他店に比べお安く提供出来ます。

マスターキー・サブキーの見分け方はありますか?

車種によって異なりますが、お客さまでも判断出来るように違いがある程度明確化されているものがあります。たとえばセルシオでは、ボタンの数が変えてあるため非常にわかりやすくなっていますが、クラウンはボタン数は同じで表面の色で区別しているため、2つあれば分かりやすいですが、一つだと判断が難しいかもしれません。一般的に鍵の持ち手部分がグレーの場合は、サブキーだと考えられます。なお、キーレスキー(リモコン付き)だからといって、100%メインキーとは限りません。他にも、マスターキーかサブキーか分からないときの目安としては、カギをイグニッションに挿してみて下さい。カギを差した時にセキュリティーランプがすぐ消えるのがマスターキー、少し経ってから消えるのがサブキーです。

マスターキーとサブキーの違い
マスターキーとサブキーの違い
マスターキーとサブキーの違い
マスターキーとサブキーの違い
マスターキーとサブキーの違い
マスターキーとサブキーの違い

リモコンキーの修理できます

リモコンキーが根本から折れた・曲がった・ボタン部分が陥没した・・などのトラブルに、パーツ交換等で修理対応が可能です。破損した元になる鍵自体があれば、ディーラー修理とは異なり、キーナンバーのご用意も必要ありません。作業車にはキーカットが直ぐに行える機器も設置しておりますので、即時お渡しすることも可能です。また、ドアの施開錠とエンジン始動が別々の鍵になってご不便な場合も、鍵の組み換え作業を行うことにより、1本にまとめることも出来ます。

ボタン部分が破裂・陥没しています
根本からケースが割れています
綺麗に作り直すことが出来ます

車種別の詳細ページもご用意出来ております

車のカギはメーカー・車種・年式・グレードによって利用している鍵の形状や「盗難防止装置:イモビライザー」の搭載状況など様々となっております。より詳細な情報をお求めの場合は、各車種専用のページをご用意してありますので、こちらをご確認ください。※ページ上部の検索ボックスをご利用いただくとスムーズに検索が出来ると思います。(なお、誠に申し訳ございませんが、一部の車種においてはページの更新が追い付いていないケースもございます。記載がないから対応出来ないという訳ではございませんのでご注意お願い申し上げます)

あらゆるトヨタ車お任せください

トヨタ車のsample画像:クラウン
トヨタ車のsample画像:エスティマ
トヨタ車のsample画像:ヴォクシー
トヨタ車のsample画像:bB
トヨタ車のsample画像:プリウス
トヨタ車のsample画像:セルシオ
トヨタ車のsample画像:アルファード
トヨタ車のsample画像:アクア
トヨタ車のsample画像:アイシス

自動車販売店ご担当者さま!お手伝いいたします

納車直前に、鍵が一本しか無くて困ったご経験はございませんか・・・?近年のスマートキーやイモビライザーキーの様な複製が困難な鍵になってきますと、直前にディーラーに合鍵の依頼をしたとしても、スムーズに解決が出来ないことが多いとお伺いすることがあります。ディーラーに車を搬入し、身分確認・所有者確認・キーナンバー確認を行い、部品を注文してまず1日。その後、部品が揃った連絡を受けて再度車を搬入し、鍵の登録作業を行い、最低でも2日間は担当者の方が右往左往され大変な時間と手間がかかっている事かと思います。会社名義の場合は、更に社長自らが出向くか、会社謄本、代表者印鑑証明なども必要になり増々大事ですし、納車が何台も重なった際は大変ご苦労されていらっしゃるのではないでしょうか?

自動車販売店さま向けご案内

クラシトキーでは個人のお客さま以外にも、多くの自動車販売店ご担当者さまにご贔屓にして頂いております。原則カギのトラブルは即日解決!ご担当者さまのご指定される現地に出張しその場でスペアキー作成やイモビライザー登録など全てのトラブル対処を行わせていただきます。当然、エンドユーザーさま宅まで直接の出張も可能です。
Return Top