【全国対応】トヨタ車の鍵紛失・鍵作製

「早い・安い・納得!」ソアラの鍵紛失・鍵作製

「早い・安い・納得!」ソアラの鍵紛失・鍵作製

鍵のトラブルは全て鍵屋クラシトキーが解決します
対応エリア随時拡大中

トヨタ・ソアラの鍵
1989年4月の発売以降、16年に渡って発売され続けたソアラですが、特殊形状(内溝タイプ)のリモコンキーが主流となっておりました。見た目が最近のスマートキータイプではないため見落としてしまいがちですが、このタイプの鍵にもしっかりと「盗難防止装置:イモビライザー」は搭載されております。しかもかなり早い時期から導入されており、2001年4月に「430SCVシリーズ」が発売以降は、標準搭載となっております。

特殊形状キー

トヨタ車では多くみられる、鍵のギザギザが内溝型のタイプとなっております。

イモビライザー

鍵のケースに入っている小さなチップがイモビライザーです。
特殊形状KEY(内溝キー)
トヨタ車で多く見られる内溝にギザギザを作る鍵の形状は、「ウェーブキー」と呼ばれ、一般的なギザギザタイプの鍵に比べセキュリティーが強固になっているのが特徴です。内側を削っていくため専用の技術が必要となりますので、ホームセンターなどの一部の設備しか設置していないところでは、お断りされるケースが多くなってまいります。セルシオ、クラウン、プログレ、ソアラ、アルテッツァ、ハリアー、ランドクルーザー、ウィンダム等の高級車がこのタイプの内溝キーが採用されていましたが、近年ではヴィッツ、ヴォクシー、エスティマ、カムリ、カローラ、プリウス、ベルタ等の車種にも採用されています。

車内のイモビライザー情報はコンピューターのチップで管理してあります。※写真はアリスト

ソアラのコンピューター見本
ソアラのコンピューター見本
ソアラのコンピューター見本
ソアラのコンピューター見本

ソアラの鍵作製・スペアキー作製、全てクラシトキーにお任せ下さい


イモビライザー搭載車の場合、鍵の紛失時にはディーラーでないと対処出来ないと誤解をされているお客さまも多くいらっしゃいますが、クラシトキーであれば登録や追加作業をそのまま現地で行う事が出来ますので、お近くの鍵屋クラシトキーまで、お気軽にご相談ください!
対応エリア随時拡大中

クラシトキー対応状況


1989年(平成元年)年4月の発売モデル~全て対応可能です。少しでも安くソアラの鍵を作りたい場合は、私たちにお任せください!クラシトキーでは、お電話いただいたその日に現場に急行し、その場で即日復旧を目指します。鍵を紛失した際の、鍵の作製をはじめ、リモコンキーが効かない・鍵を閉じ込めた・鍵穴を壊された・・・など、まだまだ色々あるとは思いますが、鍵に関するトラブルには全て対応させていただきますので、お近くの鍵屋クラシトキーまで、お気軽にご相談ください!

ソアラの鍵トラブル全てお任せ下さい!
今すぐ駆けつけます!鍵の修理・交換お任せ下さい


インロック

1989年(平成元年)年4月の発売モデル~全て対応可能です。

鍵の紛失・作製

1989年(平成元年)年4月の発売モデル~対応可能です。

スペアキー作製

1989年(平成元年)年4月の発売モデル~対応可能です。

鍵の修理・交換

1989年(平成元年)年4月の発売モデル~全て対応可能です。

※イモビライザー搭載車はコンピューター登録が必要なため、エリアによっては登録機器の関係で対応出来ないケースもございます。詳細についてはお電話にてお問い合わせください。

目指すはお客さま満足度No1

ソアラの鍵を紛失・スペアキーをご検討なら、カギの専門店クラシトキーにお任せ下さい!こんなことも出来る?キーレスキーだとディーラーでしか無理ですか?キーナンバーが分からないのですが、他社に断られたのですが・・?大丈夫、きっと解決出来ます。出来るかなと迷ったら、お気軽にお問い合わせください。
あらゆる鍵のトラブルに即日対応
Return Top