【全国対応】ダイハツ車の鍵紛失・鍵作製

「早い・安い・納得!」ムーヴラテの鍵紛失・鍵作製

「早い・安い・納得!」ムーヴラテの鍵紛失・鍵作製

鍵のトラブルは全て鍵屋クラシトキーが解決します
対応エリア随時拡大中
ムーヴラテの鍵を紛失・スペアキーをご検討なら、カギの専門店クラシトキーにお任せ下さい!こんなことも出来る・・?スマートキーやキーレスキーだとディーラーでしか無理ですか・・?キーナンバーが分からないのですが、他社に断られたのですが、・・・?大丈夫、きっと解決出来ます。出来るかなと迷ったら、お気軽にお問い合わせください。

ダイハツ・ムーヴラテの鍵
ムーヴラテの鍵のシステムは、昔ながらの鍵を差し込んで回すシリンダー方式ツマミを回せばエンジンのかかるツイストノブ方式と大きく分けて2種類に分かれます。近年ではどのメーカーでも導入されておりますスマートキー(ダイハツ車での名称はキーフリーシステム)が主流となっております。こちらの記事では主にツイストノブ方式に特化した記事を記載いたしますが、もちろんシリンダータイプも対応出来ますのでご安心ください。

ダイハツ車エンジン始動方法:シリンダー方式
ダイハツ車エンジン始動方法:ツイストノブ方式
ダイハツ・ムーヴラテの鍵

イモビライザー搭載車もお任せください

最近は、輸入車や高級車だけでなく、自家用車や軽自動車・作業車両・バイクにいたるまでほとんどの車種で「盗難防止装置:イモビライザー」が搭載されおります。イモビライザーが搭載されている場合、鍵と車内コンピューターとでデータのやりとりを行うことによって、登録されていない鍵を利用してのエンジン始動が出来ないシステムとなっております。そのため、カギを紛失した場合や新たに追加作成を行いたい場合には、カギと車内コンピューターに情報を登録する必要があります。こういった作業となるとディーラーでないと対処できないと思われがちですが、クラシトキーであればイモビライザーキーの登録作業や追加作業の一連の過程を、現地で行う事が出来ます。※年式・型式・グレード等によっては対応出来ないケースもございます。
鍵のお悩みズバッと解決
ムーヴラテのイモビライザー搭載について
お車にイモビライザーが搭載されているかどうかの見極め方法はメーカー・車種によって異なります。エンジン始動方法だけで判断できる車種もあれば、年式や型式で判断するもの、それらを聞いても判断できず実際に現地で確認したり、車の中についているセキュリティランプやステッカーでの判断が必要なものなど、見極め方は様々です。ムーヴラテの場合非常にわかりやすく、エンジン始動方法で判断することが出来ます。鍵を直接差し込んで回すシリンダー方式の場合は非搭載、ツマミを回してかけるツイストノブ方式の場合は、標準搭載となっております。

セキュリティアラーム・・?


イモビライザーと似ている名称でよくある間違いに「盗難警報装置:セキュリティアラーム」というのがあります。キーレスキー(リモコンキー)で施錠をすると、自動的に警報装置が警戒モードとしてセットされます。この警戒モード中に鍵穴に鍵を差し込んで開錠してしまうと、数秒後にハザードが点滅をはじめ、クラクションが鳴り始めます。アラームの解除方法は車種ごとに異なりますが、こちらはエンジン始動を制御しているわけではありません。

セキュリティアラームの説明:ステッカー見本
ムーヴラテのセキュリティアラーム・・?
ムーヴラテのセキュリティアラーム・・?

普通のカギってどんなカギ?

カギを紛失したり、スペアキーを作りたい場合、お電話で事前にお問い合わせをいただきますが、よく言われるのが「今までは普通のカギを利用していた!」と言われます。下記は例としてムーヴラテでよく利用されている「普通のカギ」の一部となりますが、ムーヴラテのカギと分かっても、年式や型式・グレード・エンジン始動方法によって種類も様々です。お電話で見積等提示する場合は、スタッフより状況をお伺いさせていただきますので、問診にご協力をお願いします。
ムーヴラテの普通のカギってどんなカギ?
ムーヴラテの普通のカギってどんなカギ?
ムーヴラテの普通のカギってどんなカギ?

ムーヴラテの鍵の紛失やスペアキー作成について

カギの専門店となりますので、ディーラーでの作業とは異なり、原則即日現地にて作業を行います。鍵のトラブル対応に関するあらゆる機材を積み込んだ作業車があるため、トラブル現場まで急行し、現地で鍵の作製やコンピューター編集に至るまで全てその場で行います。スマートキーの登録も現地で行えますし、スマートキーに内蔵されているエマージェンシーキー(電池切れの際の非常用のメカニカルキー)の作成まですべてその場で対応します。もちろん、キーナンバーがない状態でも作成できますのでご安心ください。※年式・型式・グレード等によっては対応出来ないケースもございます。
ムーヴラテの鍵の紛失やスペアキー作成について
ムーヴラテの鍵の紛失やスペアキー作成について
ムーヴラテの鍵の紛失やスペアキー作成について
ムーヴラテの鍵の紛失やスペアキー作成について
ムーヴラテの鍵の紛失やスペアキー作成について
ムーヴラテの鍵の紛失やスペアキー作成について

ツイストノブ方式、お安くカギを作ることが出来ます

本来は手元にキーフリーリモコン(スマートキー)を持っているだけで、ツマミを回せばエンジンのかかるツイストノブ方式ですが、ツマミ部分に直接鍵を差し込めるようになっております。ムーヴラテの場合、ここに直接カギを差し込んで回せばエンジン始動ができます。そのため、ドアの開け閉めにリモコン機能が不要であれば、わざわざスマートキータイプにする必要がありません。部材費が余分にかからないため、料金面でお安く提供することが出来ます。※ムーヴラテのツイストノブに差し込んで使うタイプのカギは「メインキー」と呼ばれておりますが、メインキーにはイモビライザーのチップが搭載されておりますので、エンジン始動が行えます。
ムーヴラテのツイストノブ方式、お安くカギを作ることが出来ます
ムーヴラテのツイストノブ方式、お安くカギを作ることが出来ます
ムーヴラテのツイストノブ方式、お安くカギを作ることが出来ます
よくある間違いとして、「メインキー」は、キーフリーリモコン(スマートキー)に収納されているエマージェンシーキー(メカニカルキー)とは異なります。ムーヴラテのエマージェンシーキーにはイモビライザーのチップが内蔵されていないため、メインキーと違い、単体でエンジン始動を行うことは出来ません。スマートキーの電池切れの際リモコン機能が効かなくなるので、こちらのエマージェンシーキーを使いドアを施錠・開錠するためのものとなります。なお、スマートキーが突然の電池切れとなっても、臨時的にエンジン始動させることは出来ます。
ムーヴラテのメインキーよくある間違い
ムーヴラテのメインキーよくある間違い
ムーヴラテのメインキーよくある間違い

キーケースの修理出来ます


ダイハツ車やトヨタ車でよく利用されている四角ボタンのキーレスキー(リモコン一体型)ですが、鍵の根本が割れる・折れるなどの症状をよくお見受けします。ビス一つで止まっていますが、カギを回しつづけることにより負荷がかかってしまい、やがてヒビ割れて行きます。これはケース部分の不具合であり、リモコン機能の不具合ではありません。あくまでも鍵の中の「基盤」部分に問題が無いことが前提となりますが、ケースが割れている・カギが折れてしまったなどの症状によっては、スペアキー作製ではなく鍵の修理を承ることが出来ます。「基盤」部分は再利用するためリモコンの再設定を行う必要もなく、新たなケースに入れ替えてキーカットを行えば完了できます。お気軽にお近くのコールセンターにお問い合わせ下さい。※カギの種類によってはケース交換で対応出来ないものもございます。

ムーヴラテのキーケース修理出来ます
ムーヴラテのキーケース修理出来ます
ムーヴラテのキーケース修理出来ます

現場での作業実績をご紹介!


こちらから【ムーヴラテ】の鍵トラブル作業実績!にアクセス出来ます。
ムーヴラテの鍵トラブルなら私たちにおまかせ下さい

あらゆる鍵のトラブルに即日対応
Return Top