【全国対応】車の鍵紛失・鍵作製

あらゆる鍵のトラブルに即日対応

鍵のお悩みズバッと解決!スペアキー作製

鍵のトラブルは全て鍵屋クラシトキーが解決します 対応エリア随時拡大中
自動車・バイクの鍵
自動車・バイクの鍵はクラシトキーにお任せください
スペアキーについて解説

スペアキーの必要性は絶対だと鍵屋は思っております。鍵のトラブルの多くは「思いがけない急な出来事!」スペアキーが有るのと無いのでは対処も大きく異なってまいりますし、何よりも「ご自身の安心感」が異なってまいります。紛失する前のスペアーキー作製!クラシトキーは強くオススメしております。自動車・バイクのあらゆる鍵に対し、即日現地に駆けつけ、その場で作製できますので、お時間のある際にはぜひお近くのクラシトキーまでご連絡お待ちしております。
A さん

万が一に備えてスペアキーを作製したいと思っているんですが

クラシトキー

ありがとうございます。クラシトキーではご依頼頂いたその日のうちに現地にお伺いさせていただき、その場でスペアキーを作製できますのでご安心下さい。

A さん

すぐに来てもらえるということですが、時間や予算はどのくらいを考えておけば良いですか?

クラシトキー

お客さまのお使いの鍵の形状(種類)によって作製にかかる時間や予算は大きく異なってまいります。早速ですが、お客さまのお使いの鍵の形状はどうようなものになりますでしょうか?

A さん

普通の車のスペアキーなんですが・・・鍵にそんなに種類というのがあるのですか?

クラシトキー

はい。説明が不足しており申し訳ございません。鍵には大きく分けて4種類のタイプがございます。

様々な形状の鍵があります

クラシトキー

4種類の鍵にはそれぞれ特徴がありますので、併せてご紹介させていただきます。

ギザギザの鍵
ギザギザの鍵サンプル画像
昔からある鍵の形状となっており、ギザギザの「山」の部分と「谷」の部分の彫込の高さの違いで、回る鍵と回らない鍵を区別する事ができます。こちらのタイプはクラシトキーでも当然作製できますが、お近くのホームセンターなどでも手軽に作製可能です。元になる鍵をセットして、それと同じように削るだけの作業となります。
特殊形状KEY
特殊形状KEY(外溝キー)
こちらの画像は、HONDA車の軽自動車でも採用されております「外溝キー」と言われるタイプになります。「山」と「谷」のギザギザ鍵とは異なり、外側と内側で立体的になっているのをご確認いただけるでしょうか?これはHONDA車の特徴的な鍵の作製技術となっており、高級車・自家用車・商用車・軽自動車に至るまで、ギザギザキーではなく、この特殊形状KEYを多く用いております。このケースだった場合は、お近くのホームセンターで手軽に作製するということは困難になります。同じように削るだけの作業とはなりますが、立体的な部分は削ることが出来ないため、お断りされるケースが多いと話を伺うことがあります。クラシトキーの作業車にはこういった特殊形状KEYであったとしても、「KEY CUT出来る」特殊工具を設置しておりますので、安心してご依頼頂くことは可能となっております。なお、今回はHONDA車を例にご説明いたしましたが、TOYOTA車やSUBARU車なども特殊形状KEYを利用してあります。その他の特殊形状KEYについての詳細はこちらを参考にして下さい。
リモコン付きの鍵
リモコン付きの鍵サンプル画像
鍵の部分は「ギザギザの鍵」や「特殊形状KEY」と同じ作りになっておりますが、大きな違いはやはり「リモコン機能」ではないでしょうか?車に直接鍵を差し込むことなく「ドア・トランクの開け閉め」が出来てしまうというリモコン機能です。こういった鍵は、「キーレスエントリー」または「キーレスキー」と呼ばれております。リモコン機能を動かすために、お客さまのお車とお手持ちの鍵を結びつけを行うコンピューター処理が必要となってきます。ホームセンターなどでは無理な作業とお断りされると思います。こういったケースの場合、ディーラーではないと処理が出来ないと思われがちですが、クラシトキー作業員はコンピューター編集の技術を習得しており、また作業車には特殊工具を設置しておりますので、その場で作製することが出来ます。当然純正キーで作業は行いますので、ディーラーのように不要な時間が掛かる必要もございません。
スマートキー
スマートキーサンプル画像
「キーレスエントリー」の進化形で、「エンジンの始動」すら鍵を差し込む必要がありません。また「スマートキー」をポケットに入れたまま車両に近づいたり、ドアノブに触れるだけで、「ドア・トランクの開け閉め」も出来てしまいます。「スマートキー」の愛称でお馴染みとなっておりますが、正式には「スマートエントリー」と呼ばれるのはトヨタ自動車の商品名で、各メーカーによって名称や形状が異なってまいります。最近のスマートキー搭載車は、エンジンスタートボタンを押すことで、車のエンジンを掛けることが出来るタイプが増えつつあるのも特徴の一つと言われております。「キーレスエントリー」と同様、ホームセンターなどではお断りされると思いますが、クラシトキー作業員であれば問題なくその場で作製することが出来ますので、ご安心してお申し出下さい。
A さん

鍵にも色々種類があるんですね!

クラシトキー

大きく分けて4種類と申し上げましたが、実はコンピューターが絡んでくる「キーレスエントリー」と「スマートエントリー」については、もう少し複雑となっております。

A さん

えっ?複雑っていうのはどういうことですか?

クラシトキー

はい。近年の鍵には「イモビライザー:盗難防止装置」というのが付けられているケースが多く、コンピューターに登録されていないスペアキーはエンジンが掛けれない!という特徴があります。

  • イモビライザーって何ですか?
  • イモビライザーについてご説明します

A さん

エンジンが掛からない鍵ということは、ドアやトランクの開け閉めしか出来ないってことですか?

クラシトキー

はい。お客さまのおっしゃる通りでございます。イモビライザー搭載車のスペアキーを作る場合は、必ず「コンピューター登録」も併せて必要となってきます。

A さん

クラシトキーでもイモビライザー登録は行えるんですか?

クラシトキー

はい。もちろんクラシトキーで行うことが出来ます。クラシトキー作業員は「コンピューター編集」の技術習得が出来ているため、本来ディーラーでないと出来ないと思われていたイモビライザー登録作業を現地で即日作製することが出来ます。

A さん

えっ?その日のうちに作製できるのですか?

クラシトキー

はい。十分な在庫もご用意させて頂いておりますので、原則お申し出を受けた日に作製は可能となっております。

A さん

ディーラーに相談したら、数日かかると言われましたが・・・

クラシトキー

ディーラーではコンピューター処理に伴う事務処理等も行いますので、数日かかると言われるケースが多いとお伺いしておりますが、クラシトキーでは極端な在庫切れの場合を除き原則当日中には解決させていただきます。

A さん

わかりました!では、早速スペアキーの作製をお願います

クラシトキー

ありがとうございます。他にも分からないことがございましたら、お気軽にお近くクラシトキーまでご相談下さい。

あらゆる鍵のトラブルに即日対応
Return Top